PLDDを治療しよう|万全を期するなら入院しよう

カウンセリング

下痢や血便の難病

医者

若年者に多いです

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症をおこし潰瘍やびらんができる疾患です。以前は欧米に多い病気だったのですが、近年では日本国内の患者数は増加しており、国の特定疾患に認定されています。自己免疫異常により潰瘍性大腸炎になると考えられていますが、他にも遺伝的素因や食生活、ストレスなども複雑に関わっているようで、はっきりとした原因は判明していません。罹患率に男女差はなく、好発年齢は20歳代〜30歳代が最も多いですが、50歳代〜60歳代にも発症例が多いです。潰瘍性大腸炎は現代医学では完治させることができず、症状の寛解と再燃を繰り返しながら長い経過をたどります。治療の目標は完治させることではなく、大腸の炎症を抑えて症状を落ち着かせること、その状態を維持することになります。

症状と治療法

潰瘍性大腸炎の症状には、腹痛、頻回な下痢、下血、血便、発熱などがあります。下血や血便が多量であると貧血になります。下痢の回数は多く、1日に何度もトイレを往復することもあります。このように潰瘍性大腸炎は日常生活に支障を来しかねない病気ですが、近年では薬の内服や点滴によって炎症を抑えて症状を落ち着かせることができるようになっています。潰瘍性大腸炎の炎症の程度にもよりますが、薬によって症状が寛解期になるとトイレを気にせず日常生活が送れます。潰瘍性大腸炎がひどい場合には外科的手術が行われることもあります。潰瘍性大腸炎は腸の一部を切除しても残った腸にも炎症を起こすので、大腸全てを切除する必要があります。頻回な下痢や血便があれば、潰瘍性大腸炎の可能性を視野に入れ、病院を受診しましょう。