健康的な毎日の為に|PLDDを治療しよう

先生

下痢や血便の難病

医者

大腸が炎症を起こし、潰瘍やびらんができてしまう状態を潰瘍性大腸炎といいます。国の特定疾患に認定されており、主な症状として腹痛や下痢、血便などがあります。はっきりとした原因は不明で完治させることはできませんが、薬により炎症を抑えて症状を落ち着かせることができます。腹痛や血便などの症状があれば、病院を受診しましょう。

もっと読む

血液浄化の移送手段

病棟

慢性腎不全が進むと、透析が必要になります。この治療方法は、週に2・3回、数時間に渡る治療を継続する必要があります。そのため、高齢になると送迎の課題が生じます。介護保険や身体障害者手帳など、多くの福祉・障害の制度で、この送迎の課題を支援してもらうことができ活用が望まれます。

もっと読む

日帰りで出来る治療法

看護師

身体に負担がほとんどかからず、傷口もほとんど残らない日帰りの椎間板ヘルニアや頸椎ヘルニアの治療法がPLDDです。局所麻酔を打って患部に背中から針を通し、少しレーザーを当てるだけで神経を圧迫していた椎間圧を下げることが出来るという簡単ですが効果が高い治療法となります。治療自体は短時間で終わるので長期の入院が必要ありません。これまでに行われてきた手術では2〜3週間の入院でリハビリを行わなければいけませんでした。しかし、長期間の入院が不要という大きなメリットがPLDDの人気の理由です。病院によっては日帰りではなく万全を期して2日ほどの入院が必要となるケースもありますが、今までの手術方法とは違い各段に入院日数が短いので精神的な負担が少なくなります。

短期間で治療が終わるため、日常生活への復帰が早く出来るという点が魅力ともなっています。通常は翌日から普段通りの生活を送ることが出来ます。わずかですが1週間程度は症状が悪化したというケースもあるため、1週間ほどはどうしても外すことが出来ない用事を入れないようにしておくと安心です。また、すべての椎間板ヘルニアでPLDDで治療が出来るというわけではないので、PLDDの経験が豊富な医師の診察を受けてみるのが一番確実であると言えます。また、PLDDは他の治療法に比べて高額になってしまうという点も注意が必要です。日帰りが出来る治療法ですが、健康保険が利用できず50万円程度の費用が掛かってしまうこともありますので、予め確認しておきましょう。

住み慣れた環境での治療

相談

世田谷区では複数の医療期間が連携して在宅医療のサービスが提供されています。その結果、通院による患者の身体的な負担が大幅に削減された事に加え、その介護に携わる家族の生活面の負担も軽減されるようになりました。

もっと読む